○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1686)2017年産米も高くなりそうだ

 米穀物取引会社の日本コメ市場株式会社が、平成29年(2017年)9月4日の同社のホームページに、2017年産米の取引価格を発表した。

 その価格は、2017年8月25日のコメ市場で取引された平均価格である。下記である。単位60kgである。

            千葉産  コシヒカリ   14,550円
            千葉産  あきたこまち  14,387円
            千葉産  ふさおとめ   14,003円

 1年前の平成28年9月2日の同社ホームページに発表された2016年産米価格(平成28年8月25日取引)は、下記であった。

      茨城産  コシヒカリ   13,151円
         茨城産  あきたこまち    12,834円
      千葉産  ふさおとめ      12,661円

 同じ産地の銘柄米の価格比較出来るのは、千葉産ふさおとめだけである。

 その価格比較は、下記である。

           29年 千葉産ふさおとめ   14,003円 
           28年 千葉産ふさおとめ   12,661円
 
 千葉産ふさおとめの1年間の価格上昇は、

                    14,003円
                ──────   ≒ 1.106                            
                    12,661円

10.6%のアップである。

 取引には至らなかったが、29年8月25日の取引市場に上場されたコメの平均価格は、下記であった。

            茨城産  コシヒカリ   14,583円
            茨城産  あきたこまち  14,436円
            千葉産  ふさおとめ   14,118円

 千葉産ふさおとめの上場価格は、14,118円であった。その取引価格は、14,003円であった。

 上場価格と取引価格の差は、

                      14,118円−14,003円=115円

115円である。

 開差率は、

                        115円
                     ─────  =0.008≒0.01                      
                       14,118円

1%である。

 取引価格は、上場価格より1%ダウンの価格と云える。

 とすると、茨城産コシヒカリ、茨城産あきたこまちの予想取引価格は、

     茨城産コシヒカリ      14,583円×0.99=14,437円
         茨城産あきたこまち    14,436円×0.99=14,292円

となる。

 平成28年の茨城産コシヒカリ、茨城産あきたこまちの取引価格は、13,151円、12,834円であったことから、上記予想取引価格と比較すると、29年産米の値上り率は、

        茨城産コシヒカリ     1.098
        茨城産あきたこまち    1.114

となる。

 平成29年産米は、昨年より10%程度値上りするようだ。


  鑑定コラム1545)
「2016年産米は高くなりそうだ」
 

フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ