○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1110)新築パレスホテルの建築費はu42.9万円

 2012年3月に新築建物が完成し、5月にオープンした皇居お堀端のパレスホテルのホテル棟・事務所棟の建築工事費は、u当り429,000円である。

 パレスホテルの関東財務局に提出されている有価証券報告書(平成24年1月〜12月)を、インターネットサービスのEDINETで見ていたら、目が止まる数値が同報告書の終わりの方にあった。

 「パレスホテル東京及びパレスビル新築工事  60,107,942千円」

という数値である。

 有形固定資産等明細表の当期(平成24年12月期)増加額の説明に記してある数値であった。

 平成24年(2012年)3月にパレスホテルのホテル棟・事務所棟は完成している。同年5月にオープンした。

 決算期間が1月〜12月であれば、その期間に完成した建物である固定資産は、前年より増加した固定資産と言うことになる。

 とすると、有価証券報告書に記載されている60,107,942千円という金額は、ホテル棟・事務所棟の建築工事費であると判断出来る。

 新パレスホテルの2棟の建物の概要は、下記の通りである。

   ホテル棟  S、SRC造23階建・地下4階付  延床面積62,000u 
   事務所棟  S、SRC造23階建・地下4階付  延床面積78,000u 
         計                                  延床面積140,000u

 建築工事費のu当り単価は、

                60,107,942,000円
             ──────────  = 429,342円≒429,000円         
                   140,000u

u当り429,000円である。

 同報告書には、この他にホテル客室家具調度品設備として、1,211,821千円の金額が計上されている。

 ホテルの部屋数は290室であるから、

         1,211,821,000円
               ───────── = 4,178,693円≒4,200,000円      
                     290室

1室当り420万円の家具等設備費ということになる。


  鑑定コラム604)
「SRC造ホテルは48年しか持たない」

  鑑定コラム908)「平成24年ホテル業界は既存ホテルのリニューアルで競争が激化する」

  鑑定コラム1067)「売上高の2.8倍のホテル価格」

  鑑定コラム1111)「丸の内にあるビルのキャシュフローの還元利回りは2.8%」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ