○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1329)イオン一社が日本の全百貨店の売上高を超えた

 日本百貨店協会の発表によれば、日本の全百貨店(85社、242店舗)の2014年(平成26年)1月〜12月の一年間の売上高は、

               6兆2124億円
である。

 イオン株式会社(岡田元也社長)の平成26年1月〜12月の売上高は、下記である。

        平成26年1月      5651億円
        平成26年2月           5340億円
        平成26年3月〜11月   5兆0770億円
        平成26年12月           7181億円
            計              6兆8942億円

 イオンの平成26年1月〜12月までの一年間の売上高は、6.8兆円である。

 全百貨店の同期間の売上高は、6.2兆円である。

 イオン一社が、日本全国百貨店85社の売上高を超えた。

 2012年4月29日発表の鑑定コラム889)「イオン一社の売上高は、全百貨店の売上高をしのぐ。5年後に」で、当時の高島屋百貨店の社長の鈴木弘治氏が、

 「5年後にはイオン一社で、全百貨店の売上高を凌ぐ」

の発言を記事にしている。

 2012年4月の5年後といえば、2017年4月となるが、5年後といわず3年も経たずに、その発言内容は、現実のものとなってしまった。

 イオン恐るべし。

 小売店の内容、日本の小売業界が、今大変換しょうとしている。
 時代は大きく変わろうとしている。

 企業買収、合併で、イオンがますます大きくなっている。

 私が鑑定評価した日本全国の幾つかのショッピングセンターも、イオンに買収されてしまった。

 イオンは、一体、どこまで売上高を伸ばそうとしているのか。


  鑑定コラム889)
「イオン一社の売上高は、全百貨店の売上高をしのぐ。5年後に」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ