○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1597)トランプ米新大統領就任を東京株式市場は歓迎せず

 2017年1月20日に、45代アメリカ大統領にトランプ氏が就任した。

 トランプ米新大統領の就任に対して、東京の株式市場は冷たい反応を示した。

 トランプ氏が新大統領に就任して初めて開かれた東京の株式市場(2017年1月23日月曜日)の日経平均株価は、前日比246.88円下落した。下落率▲1.29%である。

 東京株式市場の日経平均株価の動きを記すと、下記である。

     始値         18,938.45円(前日比 ▲199.46円)
          前場終値      18,934.57円

後場始値 18,922.51円 終値     18,891.03円(前日比 ▲246.88円)

 前日(2017年1月20日 金曜日)の東京株式市場の日経平均株価の終値は、19,137.91円であった。

 去年の11月に、トランプ氏が、ヒラリー・クリント氏を破って大統領選挙に勝利した後、東京株式市場は、凄まじい株価上昇を引き起こした。トランプ大統領歓迎である。

 それが、大統領に就任した途端、株価は下落である。

 この現象は、一体どういうことであるのか。

 トランプ氏の保護貿易主義政策の具体化への警戒か。

 トランプ大統領就任に対して、日本の東京の株式市場は、アメリカニューヨークの株式市場とは、真逆の反応を示した。


  鑑定コラム1596)
「トランプ米新大統領就任、米株式94ドル高」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ