○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1622)2017年3月31日 日経平均株価は18,909円26銭

 2017年3月31日(金)の東京証券取引所の日経平均株価終値は、18,909円26銭で終わった。

 2016年度末の株価は、18,909円26銭である。

 上場企業の3月期の決算に大きな影響を与える金額である。

 1年前の2016年3月末の日経平均株価は、16,758円67銭であったから、1年間の変動率は、

              18,909円26銭
          ─────────= 1.128                               
              16,758円67銭

12.8%アップである。

 この株価のアップは、、企業の保有株式の資産価格アップに繋がる。

 過去の3月末の日経平均株価を下記に記す。

     2008年3月末    10,252円54銭
     2009年3月末     8,109円53銭
     2010年3月末    11,089円94銭
     2011年3月末     9,755円10銭
     2012年3月末    10,083円56銭
     2013年3月末    12,397円91銭
     2014年3月末    14,827円83銭
     2015年3月末    19,206円99銭
     2016年3月末    16,758円67銭
     2017年3月末    18,909円26銭

 ロイターは、2017年3月31日 16:04東京発(伊賀大記 編集:田巻一彦)として、「海外勢が日本株で益出し、安倍退陣のスーパーテールリスク警戒」のヘッドラインで、次のごとく発信している。

 「海外勢の日本株売りが加速している。「トランプラリー」における買い越し額の約半分を売却した。ドル建て日経平均が17年ぶりの高値水準にあるなど、リスクオフ局面で益出ししやすいのが主因だ。だが、森友学園問題など国内の政治不安定化を背景に、安倍晋三首相の退陣を「スーパーテールリスク」として織り込み始めたとの指摘も出ている。・・・・・・・

 ドルベースの日経平均は170ドル付近と17年ぶりの高水準にあるためだ。ラフな言い方をすれば、2000年以降、ドル建てで日本株を買った海外勢は、ほぼ全員利益が出ているといえる。」

 最後の2行は、甚だ面白く無い文章の文言である。日本の株式は、海外勢から金の成る木として、鴨にされているごとくである。事実であるから仕方ないが。

 スーパーテールリスクは、正規分布の山で2標準偏差を超える裾野(尾っぽ)の部分に属するごとくの極々稀なことが発生するということか。

 ドル、ユーロの対円等を記す。

    1ドル=111.36円
        1ユーロ=118.69円
        長期金利(新発10年国債利回り)=0.065%


  鑑定コラム759)
「2011年3月31日の日経平均株価は9,755円10銭」

  鑑定コラム877)「2012年3月30日(金)の日経平均株価は10,083円56銭」

  鑑定コラム1063)「2013年3月末の日経平均株価は12,397円91銭」

  鑑定コラム1186)「2014年3月31日 日経平均株価は14,827円83銭」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ