○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1625)野村アーバン調査から東京住宅地価は下落に入った

 大手不動産会社野村不動産の子会社である野村不動産アーバンネット株式会社調査による『「住宅地地価」価格動向』の2017年4月1日時点の価格が、2017年4月6日に同社から発表された。

 東京23区住宅地70地点の2017年4月1日時点の発表価格を、3ヶ月前の2017年1月1日時点の価格と比較すると、価格変動していた地点は、下記である。

              価格上昇地点数        7地点
              価格変動無い地点数     52地点
              価格下落地点数         11地点
                   計                70地点

 上記地点数より、東京23区住宅地の価格DI値を求めると、下記である。

                7-11
             ───  ×100 =  ▲5.7                               
                70

 マイナス5.7のDI値になった。

 マイナスのDI値は、価格上昇傾向にある時は、価格がピーク或いは下落に転じていることを示す。

 東京23区住宅地の価格は、野村不動産アーバンネットの調査結果から分析すると、ピークから下落に入ったようである。

 過去の価格増減の状態とDI値を求めて見ると、下記である。

                       上昇地点      下落地点    変動なし    DI値

平成28年7月1日 15 0 55 +21.4 平成28年10月1日 23 5 42 +25.7 平成29年1月1日 13 8 49 + 7.1 平成29年4月1日 7 11 52 ▲5.7

 土地価格の下落地点数が、上昇地点数よりも多く増えていることから、東京23区住宅地の価格は下落傾向に入った。


  鑑定コラム1593)
「都心住宅地価格が下落し始めた」

  鑑定コラム1157)「東京23区住宅地価がジリジリ上がり始めた」

  鑑定コラム1632)「東京住宅地価、潮目が変わる」

  鑑定コラム1665)「29年7月野村アーバン東京23区住宅地価DI値は0.0」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ