○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1727)大発会 +741円高にびっくりする

 2018年に入っての鑑定コラムが、2編連続で株式の話で恐縮します。

 私は株式売買をしている訳ではない。

 株価は日本の経済、景気を反映しており、それが不動産価格、賃料に影響を与えるから、分析の対象にしているのである。

 2018年1月3日に、大納会の株価、そして2018年の予想を素人として希望を交えて記した。

 翌日1月4日の東京証券取引所の大発会の株価の動きを知って驚いた。

 昨年最後の大納会の株価より、+741.39円高の23,506円33銭である。

 一日で740円余も日経平均があがったのである。

 昨年1年、365日かかつて上がったのが、3,650円57銭である。

 その株価が一日で、741円39銭上がってしまったのである。驚かずにはおられないであろう。

 お正月のご祝儀相場にしては、上がりすぎである。

 その上昇の背後には、ニューヨーク株式市場のダウ平均株価が、連日史上最高値を付けているという事情がある。

 2018年1月3日のニューヨーク株式市場のダウ平均株価は、24,922ドル68セントで史上最高値を付けた。前日比98.67ドル高である。

 このことは、正に前の鑑定コラムに書いた「日本の株価は、アメリカのニューヨーク株価と連動している」ことを、地で行っている現象である。
 


  鑑定コラム1726)
「2017年末の東証株価は22,764円94銭」

  鑑定コラム1705)「日本の株価はこうして上がっているのか」

  鑑定コラム1735)「2日NYダウ665ドルの暴落、5日月曜日の東証株価はどうなるか」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ