○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1726)2017年末の東証株価は22,764円94銭

 新年早々の当コラムへのご訪問有り難うございます。

 2018年最初の鑑定コラム記事です。

 不動産価格・賃料は、日本経済と無関係には存在しえない。

 不動産価格・賃料は、日本経済の中に組み込まれて形成されている。

 株式市場は、その日本経済の動きを最も良く反映している1つである。

 この様に考えると、不動産価格の動きを知るには、株式市場の動きを知っておく必要がある。

 2017年の東京証券取引所の大納会は、2017年12月29日(金)であった。

 東証一部上場の日経平均株価は、22,764円94銭で終わった。

 2017年12月29日大納会の日経平均の始値等は、下記の通りである。

     始値     22,831.49円
          高値          22,881.21円
          安値     22,753.20円 
          大引         22,764.94円

 前日比19円04銭(0.08%)安の22,764.94円で終わった。

 2016年の大納会の終値は、19,114円37銭であったから、1年間の値上がりは、3,650円57銭である。

 率にすると、

         22,764.94円
              ────────    = 1.191                         
                 19,114.94円

19.1%の値上がりである。

 2013年は56.7%の値上がりであった。
 2014年は7.1%の値上がりであった。

 2015年は9.1%の値上がりであった。
 2016年は0.4%の値上がりであった。

 2017年は19.1%の値上がりであった。

 さて、2018年の株価はどうなることか。

 日本の株価は、アメリカのニューヨーク株価と連動しているということを、鑑定コラム1705)「日本の株価はこうして上がっているのか」で述べた。

 つまり現在の日本の株価は、アメリカの株価次第ということである。

 アメリカの株価は依然として、どういう理由か知らないが強く値上がり続けている。

 日本の株価は、アメリカの株価次第であり、そのアメリカの株価が上がり続けているから、2018年の株価は上がるだろうと云うのが、素人判断の予想となる。

 さて、1年後の結果は。


  鑑定コラム1587)
「2016年末の東証株価は19,114円37銭」

  鑑定コラム1430)「2015年末の東証株価は19,033円71銭」

  鑑定コラム1301)「2014年末の東証株価は17,450円77銭」

  鑑定コラム1155)「2013年末の日経平均株価は16,291円31銭」

  鑑定コラム994)「2012年末の日経平均株価は10,395円16銭」

  鑑定コラム846)「2011年末の日経平均株価は8455.35円」

  鑑定コラム1705)「日本の株価はこうして上がっているのか」

  鑑定コラム1727)「大発会 +741円高にびっくりする」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ