○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

532)宮古島とWBC

 宮古島は雲の中にあった。

 島を取りまくエメラルドグリーンの海が、上空から見えると期待して宮古島に行ったが、雨交じりの曇りで、美しい珊瑚礁の海を飛行機より見る事が出来なかった。

 民事再生法に絡む企業の保有資産の評価で宮古島を訪れた。

 宮古島はこれで2回目である。
 5年程前に訪れた時は、もう訪れることは無いであろうと思ったが、再度訪れることが出来た。

 5年前は天気は良く、海上に浮かぶ宮古島を上空から見て、三色の色の海に囲まれた何と美しい島であろうと思ったのである。

 宮古島に降りたっての景色は、あまり変わっていなかった。
 行政の組織は著しく変わっていた。
 その変わりように翻弄させられた。

 平成の市町村の大合併で、宮古島の市町村は一つの市になっていた。
 一番大きな市であった平良市と城辺町、下地町、上野村とそして離れ島の伊良部町の5市町村が合併して、「宮古島市」になっていた。

 合併することには文句を言わないが、それに伴って行政の所轄が旧市町村の役所建物を利用するためなのか、分散されてしまった。

 旧平良市庁舎に行けば、全ての調査は終わると思ったのが間違いであった。
 市人口と世帯数が旧平良市庁舎で分かる程度で、下水道は旧00役場庁舎、用途地域等の都市計画に付いては旧00庁舎、道路管理は旧00庁舎、水道は別の場所、文化財の担当は旧00庁舎という具合である。

 宮古島の東西南北に分散されている旧市町村庁舎を訪れて、調査しなければならなかった。

 具合の悪いことに、4月からの新年度に向かってか役所の組織の統廃合と組織替えが行われていて、昨日まではここだったが、今日から旧00庁舎に変わりましたというのである。

 電話番号を教えて欲しいと云うと、それが昨日の今日で職員全体に知らせられて無くて分からないという。
 カーナビに電話番号を入力すれば、カーナビが車の道案内してくれるからと思って電話番号を聞いたのであるが。

 宮古島の観光用の地図をもらい、そこにそれぞれの旧庁舎の場所を書き込んでもらった。ここに下水道課、ここに道路管理課、ここに文化財課等と書き込み、その地図を頼りに、各旧庁舎を訪れ調査事項を調べることにした。

 各庁舎の担当課を訪れると机には人はいなく、テレビの前に集まってテレビを見ている。

 声をかけても誰も振り向かない。大きい声で呼びかけると振り返るが、何だか胡散くさそうな顔をする。
 その中で一番若い職員が渋々と言うごとく立ち上がり、こちらに向かってくる。

 要件を告げると、書類がどこにあるのか分からなく、テレビを見ている年配の職員に尋ねている。
 ようやく担当の職員が調べてくれる。

 訪問した日と時間が悪かった。
 2009年3月24日WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)の決勝戦の日で、その放送の時間であった。
 決勝戦の日本と韓国の試合の実況中であったのである。

 宮古島の役所の職員が職務に不真面目というのでは無い。
 野球の好きな人々が多いと思っただけである。

 私も野球は好きである。
 日本と韓国の試合は、宮古島の旧役所を調査の仕事で周りながら、その都度どちらが勝っているか職員に聞いて試合経過を知ることが出来た。3インニング、7インニングと旧庁舎を訪れる度に、試合経過を教えてもらった。

 3つ目の旧庁舎を回っている時に、職員に試合はどうですかと聞けば、9回同点になって延長に入った。
 ツーアウトでランナーが2・3塁、打者はイチローと教えてくれた。

 打撃不振のイチローがもしここでヒットを打てば、日本の優勝の可能性が高い。
 しかしここでヒットが打てるか。相当のプレッシャーがかかる。そのプレッシャーは並のものでは無い。

 打者と投手が、双方絶対絶命で対決する野球の一番の醍醐味のあるときである。

 そんな状況の時にテレビを見ないで、次の調査に行く愚かさはしたくない。
 仕事を放り出して、私も役所の通路から遠く離れたテレビの画面を見ることにした。

 イチローがセンター返しのきれいなヒットを打った。2人のランナーが本塁を駆け抜けた。この10回表、日本はイチローの決勝打で2点入れて優勝を決定づけた。
 10回裏の守備で韓国を0点に抑えた。
 日本、ワールド・ベースボール・クラッシック優勝。
 宮古島の役所のテレビで、歴史的瞬間を見ることが出来た。

 WBCのアジア地区大会は、東京の東京ドーム球場で行われたが、私は宮古島に来る前に、東京ドーム球場で行われた日本・韓国戦を見に行っていた。
 イチローの姿を直近に見るために、外野席ライト側の前の方に席を取ることが出来、イチローをすぐ近くに見る事が出来た。

 しかし、その試合は打撃戦にならず、投手戦で1−0で日本が負けてしまった。イチローの処にボールは一つも飛んで来なかった。

 イチローの打撃・守備の活躍は全く見られず、日本も負けて意気消沈、がっかりして家路についた。

 アメリカのロサンゼルスのドジャースのホームグランドで行われたWBC決勝リーグを日本が制して、イチローの決勝打で優勝出来たことで、 東京ドーム球場で韓国に負けて面白く無かった気持ちも吹っ切れた。

 宮古島に行ったが、観光名所のどこにも行け無かった。仕事で追いまくられるいつもの事である。

 車で宮古島をあちこち走り回っていたら、5年前にM&Aで評価した不動産が目に入った。新しい看板で営業していた。
 私の不動産鑑定は役に立ったようだ。

 夕方、宮古島の空港から沖縄本島の那覇に向かった。
 那覇空港から宿泊する首里のホテルに向かうタクシーの中で、運転手と話をかわした。
 タクシーの運転は長いのかと問えば、運転手は1年前まで、愛知県にいたという。
 どこで働いていたのかと聞けば、トヨタの工場で派遣工員として働いていたという。そして派遣打ち切りでクビになってしまったため、那覇に帰り、前に勤めていたタクシー会社で運転手をしているのだという。
 トヨタはどうだったと聞けば、もっと勤めていたかったという。

 宮古島は曇りであったため、エメラルドグリーンの海岸を見る事が出来なかった。
 他人のカメラマンが撮った宮古島の景色のアドレスを下記に記す。
 宮古島の美しい海の景色を少し味わえるかもしれない。
      
http://img.ritou.com/information/gallery/g/IMG_0381.jpg


        
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/000/289/85/N000/000/000/123842337135916318313.JPG



 5年前に宮古島を訪れた時の記事は、下記です。
 ヘクター・バイウオーター、中国とアメリカの衝突、ザワワ ザワワ等の類の言語で検索されてアクセスされ、コンスタントに長くよく読まれている記事です。
  鑑定コラム200) 「見抜かれている日本人の行動」


  鑑定コラム531)「イチロー満塁ホームランで3085本安打」

  鑑定コラム549)「イチローがアメリカン・リーグ打率首位に」

  鑑定コラム585)「大リーグ9年連続200本安打 イチロー」

  鑑定コラム1525)「イチロー3000本安打 見事なり」/a>

フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ