○鑑定コラム



フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

664) 2010年新入社員の給料

 2010年の4月の中頃、提出期限が遅れていた不動産鑑定書を、遅れを恐縮しながら、ある会社に届けた。

 会社のロビーに入ると、「本日入社筆記試験」の案内立て看板が出されていた。

 来訪者の受付カウンターの後ろに座る若い二人の女性に、来訪の目的と面会者の名前を告げた。

 応接室に案内してくれる女性に、

 「今日は、来春卒業の大学生の入社試験ですか?」
と尋ねたところ、
 「そうです。」
という返事が返って来た。

 「どうですか。未来の旦那様候補はいましたか?」
と問うたところ、
 「いえ、歳が若いですからダメです。」
と軽くいなされた。
 なかなか女性の目は厳しい。

 企業の担当部長と課長に鑑定書の内容の説明を終えた。

 「ところで、もう来春卒業の入社試験ですか。
 新年度の大学の授業が始まったばかりですが、随分と早いですね。」

と、話題を入社試験に切り換えた。

 「そうです。年々早くなりまして、4月中半の今日、筆記試験をしています。
 他の会社も行っていますので、止むを得ないです。」

と企業の部長はいう。

 大学4年生になった途端に、1年後の入社の学生の試験をするとは。

 それは当該会社だけでなく、日本の多くの企業がそうらしい。

 私は、ある大学の法学部の3年生を対象に、不動産鑑定評価の講義を行っているが、去年の秋以降、講義を受けている学生が、就職活動のため講義に出られませんという学務課が証明する欠席届の提出を随分と受け取った。

 それは、私が知らなかっただけで、4年生早々の企業の入社試験を受ける為の企業廻りの為の講義欠席届であったのである。この日私が遭遇したごとくの入社試験を受ける為に。

 大学3年、4年は最も知識欲があり、物事の存在・真理について深く思考出来る絶好の時期である。

 その大切な時期を、それらをすること無く、就職の為に時間が費やされることは、社会にとっても、本人にとっても不幸であり、損失である。

 日本の企業はもう少し、大学生の人生を考えて、就職試験の時期を考えてくれないものか。
 学生に、大学で勉強出来る時間を与えてくれないだろうか。

 とはいえ、いずれ大学を卒業すれば、社会に出て働くことになる。
 今の時代の大学卒業生の初任給はいかほどであろうかと、少し興味を持ったため、ネットで調べてみた。

 ネットにやはりその情報はあった。
 2010年入社大学卒の給料を統計的に調べたサイトがあった。
 財団法人労務行政研究所という機関が調査し、発表していた。

 高校卒業の給与も記してあった。大学卒と高校卒と給料にどれ程の差があるのか、その差を知る事が出来ることから、それらを記す。

 いつの日にか、2010年の新入社員の給与はこれぐらいであったと振りかえって見た時に、この情報は役にたつであろう。学科専門によって給料は異なっているであろうが、一律の金額を表示する。

       
            大学卒          205,641円
            大学院修士卒    223,384円
           大学院博士卒    245,115円
            短大卒          172,160円
            高専卒     182,254円
            専門学校卒   173,166円
            高校卒     160,996円
            中学卒     調査していない

 私の頃の大学卒の給料は、月額2万円であった。
 44年前の話である。
 44年間で、10倍の給料になったということか。

 年率の上昇率は、

      (1+X)の44乗=10

 このXを解けば、

      X=0.0537≒0.054

年率5.4%の初任給の上昇率である。

 ではこの間の経済成長率は?
 土地価格の上昇率は?
 今後も5.4%の初任給の上昇率は続くであろうか?


 財団法人労務行政研究所のホームページは、下記のアドレスです。

https://www.rosei.or.jp/contents/detail/25903


追記:2010年5月31日  読者から、工学系の入社試験は大学3年生の終わりの2月か3月で終えていますという知らせが届きました。内定決定後卒業まで1年間、学生が勉強してくれれば良いが、多くが遊び惚けるようで苦労していますというコメントもいただきました。

フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ