○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1065)リニア駅予定地域の地価は相模原のみ上がり始めた

 国土交通省が発表する平成25年の地価公示価格の発表を待っていた。

 甲府のリニア中央新幹線新駅予定地周辺の土地価格が、どういう価格になるのか知りたかったのである。

 平成25年3月21日に発表された地価公示地甲府9-1(甲府市大津町941-7)の平成25年1月1日時点の価格は、

              u当り 19,000円

であった。

 前年より下がっていた。

 過去の土地価格は、下記である。
 
   平成23年1月1日  u当り 21,200円 (-)
   平成24年1月1日  u当り 20,100円 (▲5.2%)
   平成25年1月1日  u当り 19,000円 (▲5.5%)

 甲府9-1の地価を何故注視しているのかと云うと、リニア中央新幹線の甲府新駅が甲府9-1周辺で建設される計画があると思われ、それによる影響が、土地価格にいつ、どの様な形で現れて来るのかと注視しているのである。

 平成25年1月1日現在では、リニア中央新幹線の甲府新駅の建設計画の影響は土地価格に出ていない。

 他の各県の地価を見ると、神奈川県相模原の新駅予定周辺の土地価格に僅かな影響が出始めた。

 長野県の飯田市、岐阜県の中津川市のリニア中央新幹線の新駅の建設計画の影響は、土地価格に出ていない。

 しかし、現在地価が上昇していないから大丈夫だと思っていると、とんでもないことが生じる。

 土地価格は、1年で100%の価格上昇を引き起こすこともありうるのである。

 土地価格は、そうした性質を有していることから、それを充分考えて、地価対策を考えて措かなければならない。

 値上りが激しくなった時には、土地価格上昇にストップを掛けることは、ほぼ不可能であると思っていて良い。

 資本主義が牙をむきだした時、その本性が秩序に襲いかかる凄まじい破壊力、制御出来ない怖さを知ることになるであろう。

 下記に、各県のリニア中央新幹線の新駅の建設計画地域にあると思われる基準地の土地価格を記す。

 (神奈川県)
 相模原緑2 相模原市緑区西橋本2-601-11
 
      平成23年7月1日  u当り 188,000円(-)
            平成24年7月1日  u当り 189,000円(+0.5%)

 (長野県)
 飯田4 飯田市座光寺2011-45

      平成23年7月1日  u当り 23,700円(-)
            平成24年7月1日  u当り 23,300円(▲1.7%)

 (岐阜県)
 中津川4 中津川市千旦林1522-8

      平成23年7月1日  u当り 15,300円(-)
            平成24年7月1日  u当り 15,200円(▲0.7%)


  鑑定コラム861)
「リニア新幹線関連で地価の監視始まる」

  鑑定コラム917)「リニア新幹線駅建設が具体的に動き出した」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ