○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1246)安倍改造内閣に株価下落、株式市場はノー

 安倍晋三内閣の改造内閣は、2014年9月3日に組閣は終わった。

 一夜開けた4日の東証株価の日経平均は、

             始値     15,701.61円
             高値          15,732.76円
             低値     15,663.59円
             終値          15,676.18円(前日比 −52.17円)

 終値は前日比−52.17円で終わった。

 株式市場は、第二次安倍内閣の改造組閣に「ノー」を突きつけた。

 第二次安倍内閣が発足したのは、2012年12月26日である。(2006年9月26日に発足し2007年8月27日まで続いた安倍内閣は「第一次安倍内閣」である)

 2012年12月26日の日経平均株価は、

             始値     10,131.22円
             高値          10,230.36円
             低値     10,107.34円
             終値          10,230.36円(前日比 +150.24円)

前日比+150.24円高であった。

 2012年12月の株式市場は、安倍内閣を歓迎した。
 今回の改造安倍内閣に対して、株式市場は、マイナス52円の株価下落で改造安倍内閣を遇した。

 2014年8月15日の朝日新聞に、寺西和男、蔭西晴子記者2人の署名記事で、「安倍政権、株価浮揚に必死」と皮肉まじりの記事を書かれているごとく、安倍政権は株価を大変気にしている。

 株式市場は、アベノミックスで大部潤って来たのでは無いのか。
 その株式市場が、マイナス52円の株価下落で安倍改造内閣を迎えるとは。

 今回の東証株価の下落は、どうしたことか。


  鑑定コラム1290)
「株式市場は安倍政権を歓迎しなかった」

  鑑定コラム1291)「計量政治学」

  鑑定コラム1293)「安倍第三次内閣に株式市場は▲45円」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ