○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

888)平成24年4月の銀座、歌舞伎町飲食店の賃料

 銀座と歌舞伎町の飲食店の募集賃料を、相当以前に調べたことがある。

 平成18年(2006年)のことである。

 今回久しぶりに調べて見た。銀座の社交ビルの鑑定評価の仕事もあったためでもあるが。

 銀座は7丁目と8丁目の2階以上の階の飲食店の賃料で、建物は1992年以降のものという条件を付けた。

 1992年以降、つまり築後20年以内の建物の賃料である。
 何故その築年の条件を付けたかと云えば、その条件を付けないとデータが100件を遙かに越えてしまい、多くありすぎて計算が煩わしいと判断したためである。

 歌舞伎町も、2階以上の階の飲食店の賃料で、建物は1992年以降のものという同じ条件で、地域は歌舞伎町1丁目、2丁目の飲食店のデータである。

 データ及び分析結果は、下記の通りである。

 (銀座)
       所在          面積       築年        坪当り円
   銀座7-8    38.66   1992        37,100
   銀座7-3    78.88   2008        32,500
   銀座7-8    126.94   2008        25,100
   銀座7      118.62   1992        31,600
   銀座7-9    160.77   2004        38,900
   銀座8-7    77.52   2007        27,900
   銀座8      85.31   2008        28,900
   銀座8-2    93.84   2008        28,400
      平均                                   31,300
      標準偏差                                4,737


 (歌舞伎町)    歌舞伎町1-2  77.81   1993   24,200    歌舞伎町1   66.68   1993   24,000    歌舞伎町1-17  79.74   2006   28,300    歌舞伎町1   85.88   1993   27,400    歌舞伎町1-2  255.20   2008   26,300    歌舞伎町2-18  34.12   1994   21,100 平均 25,217 標準偏差 2,642


 まとめれば、

   
       銀座      31,300円
              歌舞伎町        25,217円

である。坪当り賃料である。

 銀座の飲食店の賃料の方が、歌舞伎町より25%高い。

 6年前の平成18年の賃料は、下記である。

       銀座      31,540円
              歌舞伎町        21,300円

 6年前と較べると、銀座の賃料は殆ど変わらず同じである。
 6年前は、銀座の賃料は歌舞伎町の賃料より50%高かった。
 今回は25%高である。
 歌舞伎町の賃料が、坪当り4000円ほど上がっているため、銀座との賃料の開差が縮まった。

 銀座は、6年前と賃料がほぼ同じなのに、歌舞伎町が坪4000円の賃料の値上りは何故なのか。

 賃料が高くなると云うことは、その地域に店舗を出したい人が多くいて、競争するために店舗賃料が上がるということである。

 歌舞伎町は、銀座よりも出店希望者が多いと云うことになる。

 
  鑑定コラム275)
「歌舞伎町・銀座の飲食店の賃料」

  鑑定コラム270)「ススキノの利回り22%」

  鑑定コラム1087)「銀座のバー・クラブの賃料が大幅に下がっている」

  鑑定コラム1088)「歌舞伎町の賃料、銀座の賃料に迫る」

  鑑定コラム1585)「平成28年12月銀座7・8丁目飲食店募集賃料」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ