○鑑定コラム



フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

次のページへ

鑑定コラム全目次へ


1)木造30年

 住宅生産団体連合会は、最近、13年 2月に実施した戸建住宅の実態調査の結果を発表した。その中の建替住宅の築年数は次の通りであった。

       東京     28.6年
       大阪     31.6年
       名古屋    31.2年
       地方都市   29.0年
        平均    29.6年
 一方、東京都の『東京都住宅白書』平成12年度版によると、東京の住宅の平均耐用年数は 5年ごとの調査で次の通りである。
      昭和63年調査   21年
      平成 5年調査   24年
      平成10年調査   29年
 これらより考えると、今迄鑑定評価で木造住宅の耐用年数を20〜25年として計算していたが、今後は30年として計算した方が良いかもしれない。

 もっとも、「うちではとっくの前から30年でやっているょ」というおしかりの声が有るかもしれないが。


  鑑定コラム855)「ホームページ開設して10周年」

  鑑定コラム337)「経済的耐用年数とは」

  鑑定コラム604)「SRC造ホテルは48年しか持たない」

  鑑定コラム909)「木造住宅建物の寿命は34年と伸びる」

  鑑定コラム1086)「建替の前の住宅建物の建築年数は36.4年(2011年度)」

  鑑定コラム1216)「住宅建物の経済的耐用年数は36.4年(2012年度)」

  鑑定コラム1382)「住宅の平均耐用年数は36.2年(2014年)」

  鑑定コラム1537)「1977年に建てた木造住宅が寿命を迎えている」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

次のページへ

鑑定コラム全目次へ