○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1129)25年産米価格大幅下落

 25年産米の卸市場価格が公表されだした。

 日本コメ市場株式会社が、平成25年10月7日に、平成25年9月16日から9月30日に取引された25年産米の卸業者の取引価格を公表した。下記である。

 取引価格の条件は、関東到着基準、1等、包装代込、税抜き、60kg当り円である。

        25年産米秋田    あきたこまち    13,293円
        25年産米新潟  コシヒカリ          15,469円

 1年前の24年10月5日に、同社が発表した同時期の24年産米の取引価格は下記である。(鑑定コラム961「平成24産米は6〜8%高か」)

        24年産米秋田    あきたこまち    16,331円
        24年産米茨城  コシヒカリ          15,847円

 あきたこまちの1年間の価格変動は、

              13,293円
            ─────    = 0.814                                 
              16,331円

▲18.6%の下落である。

 24年産米新潟コシヒカリの価格は、鑑定コラム974)で記している。
 このデータは農林水産省の発表のデータである。出所が違うが、同じ卸業者の取引価格であることから、価格差はないと判断する。

 それによれば、24年9月の新潟(一般)コシヒカリは18,448円であった。

 これを採用して比較すると、

              15,469円
            ──────  = 0.839                                 
              18,448円

▲16.1%の下落である。

 2銘柄のみであるが、

             ▲18.6%+ ▲16.1%
         ─────────── = ▲17.4%                         
                  2

平均で▲17%の下落である。

 25年産米のコメ価格は、前年より17%程度の下落と云えそうだ。

 コメの卸価格は、デフレということである。
 このデフレ卸価格が、スーパマーケット店頭に並ぶ小売価格にどの様に影響するのか。
 まさか、小売のコメ価格が、前年比で値上がりするというインフレ価格は無いであろう。


  鑑定コラム961)
「平成24産米は6〜8%高か」

  鑑定コラム974)「平成24年産米は3〜20%アップ」

  鑑定コラム1109)「お米の消費量が減っている」

  鑑定コラム1139)「25年産米価格は去年より11.1%ダウン」

  鑑定コラム1258)「平成26年産米価格10%下落か」

  鑑定コラム1403)「平成27年産米価格13%アップか」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ