○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1403)平成27年産米価格13%アップか

 平成27年産米が、スーパーマーケットの店頭に並び始めた。

 日本コメ市場株式会社が、平成27年10月9日に、平成27年10月1日に取引された平成27年産米の卸業者の取引価格を公表した。下記である。

 取引価格の条件は、関東到着基準、1等、包装代込、税抜き、60kg当り円である。

          26銘柄平均                            12,378円

 取引された各銘柄の価格は、下記である。

        27年産米北海道     ななつぼし     12,406円
        27年産米秋田      あきたこまち    11,732円
        27年産米新潟一般  コシヒカリ          14,971円
        27年産米茨城      コシヒカリ     11,766円
        27年産米千葉      ふさおとめ       10,851円

 1年前の平成26年10月2日に、同社が発表した平成26年9月18日に取引された平成26年産米の取引価格について記事を書いた。そこに記した価格は、下記である。(鑑定コラム1258「平成26年産米価格10%下落か」)

        26年産米秋田      あきたこまち    11,283円
        26年産米新潟一般  コシヒカリ          14,578円
        26年産米茨城      コシヒカリ      9,309円
        26年産米千葉      ふさおとめ       8,914円

 去年の価格と比較すると、あきたこまちの価格の対前年比は、

              11,732円
            ─────    = 1.040                                 
              11,283円
4.0%アップである。

 新潟一般コシヒカリの価格の対前年比は、

              14,971円
            ─────    = 1.027                                 
              14,578円
2.7%のアップである。

 茨城コシヒカリの価格の対前年比は、

              11,766円
            ─────    = 1.264                                 
               9,309円
26.4%のアップである。

 千葉ふさおとめの価格の対前年比は、

              10,851円
            ─────    = 1.217                                 
               8,914円
21.7%のアップである。

 4銘柄の平均は、

          4.0%+2.7%+26.4%+21.7%
       ───────────────     = 13.7%                 
                    4
平均で13.7%のアップである。

 一方、26銘柄の平均の価格は、12,378円である。

 1年前は、20銘柄で、平均10,893円であった。

        12,378円
            ──────── = 1.136                               
                10,893円

 2つの平均13.7%、13.6%から、平成27年産米の価格は、去年より13%程度値上がりしそうである。

 鑑定コラム821)で、お米の卸価格と小売価格の分析をしている。その分析結果によれば、「卸価格の1.55倍が小売価格」である。

 茨城産コシヒカリの10kgの小売価格は、

     11,766円×1.55÷6≒3,040円
となる。但し消費税は別である。

 さて、スーパーマーケットの店頭小売価格はどうであろうか。

 卸価格がかなり上がっているから、小売価格も今年は上がるであろう。


  鑑定コラム1258)
「平成26年産米価格10%下落か」

  鑑定コラム1129) 「25年産米価格大幅下落」

  鑑定コラム961) 「平成24産米は6〜8%高か」

  鑑定コラム974) 「平成24年産米は3〜20%アップ」

  鑑定コラム1109) 「お米の消費量が減っている」

  鑑定コラム821) 「平成22年新潟魚沼産コシヒカリは60kg当り21,703円」

  鑑定コラム1439) 「今(2016年1月)の米の価格はいくらなのか」

  鑑定コラム1545) 「2016年産米は高くなりそうだ」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ