○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1258)平成26年産米価格10%下落か

 平成26年産米が、スーパーマーケットの店頭に並び始めた。

 日本コメ市場株式会社が、平成26年9月26日に、平成26年9月18日に取引された平成26年産米の卸業者の取引価格を公表した。

 下記である。

 取引価格の条件は、関東到着基準、1等、包装代込、税抜き、60kg当り円である。

          20銘柄平均                            10,893円
である。

 取引された各銘柄の価格は、下記である。

        26年産米秋田      あきたこまち    11,283円
        26年産米新潟一般  コシヒカリ          14,578円
        26年産米茨城      コシヒカリ      9,309円
        26年産米千葉      ふさおとめ       8,914円

 1年前の平成25年10月16日に、同社が発表した同時期の平成25年産米の取引価格について記事を書いた。そこに記した価格は、下記である。(鑑定コラム1129「25年産米価格大幅下落」)

        25年産米秋田      あきたこまち    13,293円
        25年産米新潟一般  コシヒカリ          15,465円

 去年の価格と比較すると、あきたこまちの1年間の価格変動は、
              11,283円
            ─────    = 0.849                                 
              13,293円
▲15.1%の下落である。

 新潟一般コシヒカリの価格を比較すると、1年間の価格変動は、
              14,578円
            ─────    = 0.946                                 
              15,465円
▲5.4%の下落である。

 平成26年産米茨城コシヒカリ、平成26年産米千葉ふさおとめの平成25年の価格は、不明である。

 2銘柄のみであるが、

             ▲15.1%+ ▲5.4%
         ─────────── = ▲10.25%                        
                  2

平均で▲10%の下落である。

 コメの卸価格は、デフレということである。

 平成26年産米のコメ価格は、前年より10%程度の下落と云えそうだ。

 鑑定コラム821)で、お米の卸価格と小売価格の分析をしている。その分析結果によれば、「卸価格の1.55倍が小売価格」である。

 茨城産コシヒカリの10kgの小売価格は、
               9,309円×1.55÷6≒2,410円
となる。但し消費税は別である。

 さて、スーパーマーケットの店頭小売価格はどうであろうか。

 卸価格が下がっているから、小売価格も今年は下がるであろう。



****追加 2014年11月28日 魚沼産コシヒカリが2万円を切った  鑑定コラム1276転載

 農林水産省が、2014年(平成26年)11月7日に、『米に関するマンスリーレポート』を発表した。

 そのレポートの中に、平成26年産米の新米の9月の卸業者の相対取引価格(玄米60kg 税込み)が、発表されている。

 それによると、新潟魚沼産コシヒカリが、大台の2万円を切った。

 新潟魚沼産コシヒカリは、銘柄米の殿様であり、その価格は常にダントツのトップである。

 26年産米の新米の中でも価格は、ダントツのトップであるが、その価格が、60kg当り19,508円と、2万円を切ると云う事態となった。

 各年の新米が取引される新潟魚沼産コシヒカリの9月価格を見ると、下記である。

      平成26年9月      19,508円
      平成25年9月      21,335円
      平成24年9月      23,781円
      平成23年9月      22,704円
      平成22年9月      21,703円

 26年新潟魚沼産コシヒカリの25年産米価格からの下落率は、

                   19,508円
                ─────  =0.914                                 
                   21,335円

▲8.6%である。

 私の計算の、各年9月の銘柄米単純平均価格は、

             26年産米    12,441円
             25年産米        15,304円

である。

 下落率は、

             26年産米    12,441円
          ─────────────── = 0.852                  
             25年産米        15,304円

▲14.8%である。約15%の下落である。

 15%の下落は、米生産農家にとっては、大変なことである。

 26年産米で、価格下落率の大きな銘柄米は、下記である。

    茨城産コシヒカリ      0.779
    栃木産コシヒカリ      0.783
    滋賀産キヌヒカリ      0.788

 銘柄米で新潟魚沼産コシヒカリが、トップの価格であるが、その他の銘柄米で高い価格のものがある。以下である。

    北海道  ゆめぴりか      16,868円
    山形   つや姫        16,827円
    福岡   夢つくし       14,970円
    長崎   コシヒカリ      14,296円

 長崎のコシヒカリが高いのに驚く。

 下記に、農林水産省が発表した平成26年産米の平成26年9月取引の相対価格(60kg 税込み) 一覧を記す。平均価格は、田原計算の銘柄米単価の単純平均である。


産地 銘柄   26年9月(26年産米) 25年9月(25年産米) 変動率
           
北海道 ななつぼし   13422 15527 0.864
  きらら397   12307 14658 0.840
  ゆめぴりか   16868    
           
青森 まっしぐら   10149    
  つがるロマン   11898    
           
岩手 ひとめぼれ   12271 14360 0.855
  あきたこまち   11650    
           
宮城 ひとめぼれ   12072 14717 0.820
  ササニシキ   12771    
           
秋田 あきたこまち   12216 14481 0.844
           
山形 はえぬき   12176    
  つや姫   16827    
           
福島 コシヒカリ 会津 13882    
  ひとめぼれ   11222    
           
茨城 コシヒカリ   11344 14555 0.779
  あきたこまち   10572    
           
栃木 コシヒカリ   11477 14660 0.783
  あさひの夢   7901    
  なすひかり   10885    
           
埼玉 彩のかがやき   10318    
  コシヒカリ   12168    
           
千葉 コシヒカリ   11225 14019 0.801
  ふさこがね   9525    
  ふさおとめ   10139    
           
長野 コシヒカリ   13035 15155 0.860
  あきたこまち   11639    
           
静岡 コシヒカリ   13309    
           
新潟 コシヒカリ 一般 15523 16646 0.933
  コシヒカリ 魚沼 19508 21335 0.914
  コシヒカリ 岩船 15926    
  コシヒカリ 佐渡 15922 17013 0.936
  こしいぶき   11698    
           
富山 コシヒカリ   13409 15368 0.873
  てんたかく   11924    
           
石川 コシヒカリ   13702 15278 0.897
           
福井 コシヒカリ   13218 15609 0.847
  ハナエチゼン   11643    
           
岐阜 コシヒカリ   12096    
  あきたこまち   11779    
           
愛知 コシヒカリ   12189    
           
三重 コシヒカリ 一般 12746 15054 0.847
  コシヒカリ 伊賀 13199    
           
滋賀 コシヒカリ   12439 15236 0.816
  キヌヒカリ   11054 14028 0.788
  日本晴   10401    
           
京都 コシヒカリ   13291    
  キヌヒカリ   11839    
           
兵庫 コシヒカリ   13684 15476 0.884
           
鳥取 コシヒカリ   12802    
  ひとめぼれ   11567    
           
島根 コシヒカリ   12216    
  きぬむすめ   11180    
  ハナエチゼン   10844    
           
岡山 あきたこまち   11604    
           
広島 コシヒカリ   12546    
           
山口 コシヒカリ   12994 15053 0.863
  ひとめぼれ   12149    
  ヒノヒカリ   12298    
           
徳島 コシヒカリ   11214 13157 0.852
  キヌヒカリ   9873    
           
香川 コシヒカリ   12861    
           
愛媛 コシヒカリ   12566    
  あきたこまち   11939    
           
高知 コシヒカリ   11459    
           
福岡 夢つくし   14970    
           
佐賀 夢しずく   12821    
           
長崎 コシヒカリ   14296    
           
熊本 コシヒカリ   12946    
           
宮崎 コシヒカリ   12830    
           
平均 単純平均(田原計算)   12441 15304 0.852

                 鑑定コラム1276転載


  鑑定コラム961)
「平成24産米は6〜8%高か」

  鑑定コラム974)「平成24年産米は3〜20%アップ」

  鑑定コラム1109)「お米の消費量が減っている」

  鑑定コラム1129)「25年産米価格大幅下落」

  鑑定コラム821)「平成22年新潟魚沼産コシヒカリは60kg当り21,703円」

  鑑定コラム1276)「魚沼産コシヒカリが2万円を切った」

  鑑定コラム1403)「平成27年産米価格13%アップか」


  

フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ