○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1605)12兆2800億円という巨額の不動産業貸出額

 日本銀行が、平成28年第4四半期(平成28年10月〜12月)の貸出先別貸出額を、平成29年2月9日に発表した。

 国内銀行の不動産業の新規貸出額は、2兆6416億円であった。

 国内銀行の平成28年(2016年)1年間の不動産業への新規貸出額は、四半期毎の金額を記せば下記である。

    28年第1四半期(1月〜3月)     3兆7447億円
    28年第2四半期(4月〜6月)     2兆5801億円
    28年第3四半期(7月〜9月)     3兆3142億円
    28年第4四半期(10月〜12月)    2兆6416億円

計    12兆2806億円

 平成28年1年間の国内銀行の不動産業の新規貸出額は、12兆2806億円である。

 不動産業のGDPは、私の分析では20兆4000億円で、GDPに占める割合は、4.2%に過ぎない。

 不動産業の規模は小さい。

 そうした業界規模の小さい製造業ではない非製造業の1業種に過ぎない不動産業に、12.28兆円のお金を注ぎ込んでいる。

 日本経済新聞調べによれば、資本金1億円以上の有力企業1255社の設備投資額は、26兆円である。日本の経済・産業を動かしている有力企業の全部で26兆円の投資額である。その半分の金額に相当する金額が製造業では無い不動産業に注ぎ込まれている。

 異常であろう。

 金融は日本経済の血液であるとバンカーは云う。

 しかし、上記の様ないびつな貸出で、日本のGDPは増加するのであろうか。金の使い道を間違えているのでは無いか。

 過去の不動産業への貸出額を記す。金額は日銀発表時の金額である。その後の確定による変更があるかもしれない。単位億円

          2006年    91,591億円
          2007年    100,859 (不動産ファンドバブル崩壊)
          2008年     84,072 (リーマン・ブラザーズ倒産)
          2009年    69,587
          2010年        77,248
          2011年    76,826
          2012年        82,784
          2013年        95,488   (リートバブル突入)
          2014年       100,700    
        2015年       106,735
          2016年       122,806

 金余りとはいえ、不動産業への集中貸出は、もういい加減やめょ。


  鑑定コラム1568)
「日銀ょ 12兆円も不動産業に金を流してどうするのか」

  鑑定コラム1556)「帰属家賃を控除した不動産業の国内総生産はどれ程か」

  鑑定コラム1574)「2016年度の設備投資は26兆円」

  鑑定コラム1533)「11.7兆円 不動産業新規貸出額(平成28年6月)」

  鑑定コラム1492)「不動産業新規貸出額年間11兆円の大台に」

  鑑定コラム1455)「衰えぬ年間10兆円の不動産業新規貸出額・平成27年」

  鑑定コラム1413)「地雷原を元気に進んでいる不動産業新規融資高(27年9月)」

  鑑定コラム1383)「まだ10兆円の不動産業貸出は続いている(27年6月)」

  鑑定コラム1350)「10兆円の不動産業貸出は続く(27年3月)」

  鑑定コラム1313)「不動産業新規融資額が10兆円を超えた」

  鑑定コラム1632)「東京住宅地価、潮目が変わる」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ