○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1645)焼き鳥「鳥貴族」の家賃は売上高の7.3%

 焼き鳥居酒屋「鳥貴族」(株式会社鳥貴族 大倉忠司社長 大阪市浪速区)の家賃は、売上高の何%か。

 調べて見る。

 株式会社鳥貴族は株式上場していることから、決算が公開されている。

 公開されている有価証券報告書の損益計算書の売上高と販売費及び一般管理費の地代家賃は、次のとおりである。単位千円。

                      売上高a             地代家賃b        b/a

  27年7月期 18,659,881 1,404,993 0.075   28年7月期 24,509,569 1,779,103 0.073

 飲食店は、一般的には賃借店舗が殆どである。

 鳥貴族の店舗は、賃借店舗が大半と判断出来る。

 損益計算書の「地代家賃」という名称の金額は、ほぼ家賃と判断出来る。

 そうすると鳥貴族の売上高に対する家賃割合は、

       27年7月期    7.5%
       28年7月期    7.3%

である。7.3%〜7.5%である。

 飲食店の家賃は、売上高の10%が標準である。

 このことについては、鑑定コラム18)「店舗売上高と家賃割合」、鑑定コラム1462「 店舗の売上高に対する家賃割合の求め方」で詳しく述べられている。

 飲食店にあって家賃割合が、8%以下の割合の企業は、経営上優良店舗と判断される。

 鳥貴族の家賃割合は、7.3%であるから、優良な経営飲食店企業と云える。

 差入れ保証金は、同有価証券報告書によれば、28年7月期は、1,277,856,000円である。

 月額支払賃料は、

                1,779,103,000円÷12=148,258,583円

である。

                   1,277,856,000円
               ───────────   = 8.6                     
                    148,258,583円

 敷金或いは保証金は、支払賃料の8.6ヶ月分である。

 平成28年7月期末の店舗数は、492店舗である。

 1店舗の年間売上高は、

             24,509,569,000円÷492=49,816,197円

である。

 月間売上高は、

              49,816,197円÷12=4,151,350円≒415万円

である。

 一店舗の月額家賃は、家賃割合は7.3%であるから、

             415万円×0.073=30.3万円

30.3万円である。

 一店舗の広さはどのくらいかは、決算書に店舗賃借面積の数値が記されていないことから不明であり、賃料単価がどれ程かは分からない。仮に30坪とすると、賃料は坪当り1万円と一応計算されるが。


  鑑定コラム18)
「店舗売上高と家賃割合」

  鑑定コラム1462)「店舗の売上高に対する家賃割合の求め方」

  鑑定コラム1404)「牛丼「すき家」の家賃は売上高の9.6%」

  鑑定コラム25)「牛どん吉野家の家賃6%」

フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ